会長挨拶

会長方針 2021 – 2022年度

会長 小林三重子
会長 小林三重子
2021-2022 国際ロータリーのテーマ
奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために
国際ロータリー会長 シェカール・メータ
国際ロータリー第2760地区 ガバナー 沓名俊裕

「チェンジロータリー 新時代への成長に!」
~コロナゼロ・カーボンゼロ支援~

2021-2022年度 名古屋東山ロータリークラブ テーマ

ロータリーを楽しもう ~Enjoy Rotary~

2021-2022年度 国際ロータリーのテーマは、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」という、とても分かりやすく心に届くメッセージです。

私は、ロータリーは奉仕する団体だよと教えられて入会しました。また、奉仕活動を学ぶ場であるとも知りました。個人で行う奉仕には限りがありますが、世界中の120万人のロータリアンが力を合わせることでポリオ撲滅のように大きな成果を収めることも可能ですし、今、この時も世界中のどこかで誰かの役に立ち続けています。

私たちのような小人数のクラブでも、互いの経験や知恵を出し合えば、より大きくインパクトのある事業を行うことも可能なはずです。しかし、クラブとしての基盤が大きければ、さらに大きな事業を行うことも出来ることは間違いありません。RI会長は、「Each one, Bring One」ともおっしゃっています。一人が一人を招き入れようというものです。例えば、夜間例会には各自が友人を誘ってみる機会にしてはどうでしょう。お誘いするためには、ロータリーってこんなに素晴らしいところだと、自信を持って紹介できなければなりません。

そのために、もっともっとロータリーを楽しみましょう。何もわからず、あまり気が進まないまま参加したとしても、ロータリーってすごい、ロータリーに入って良かった!と感動する場面に出会えるかもしれません。

今年度は、愛知池友の会さんと共同し、バタフライガーデンでの渡り蝶であるアサギマダラの観察会を予定しています。蝶を呼ぶフジバカマの畑を整備するための機材や、イベントを行うためのテント等を寄贈し、観察会ではエコウォーキングも行う予定です。一般の方も参加できるイベントとし、ロータリークラブの名前を少しでも知っていただけるようにしたいと考えています。より大きくインパクトのある事業とするために皆さんの知恵をお貸しください。

奉仕はする側もされる側も双方の人生を豊かにするものだと思います。積極的に奉仕を楽しみ、ロータリーを楽しみ、25周年を祝い、クラブを成長させましょう。

今年度 目標

  • 25周年を祝おう
  • マイロータリーへの100%登録
  • 情報共有のスピードアップ

今年度 活動予定

  • RCC「愛知池友の会」「AJU自立の家車いすセンター」への支援
  • 名古屋市内4養護施設対抗ボーリング大会
  • 愛知池バタフライガーデンでの渡り蝶アサギマダラの観察会
  • 名古屋和合ロータリークラブ創立50周年記念事業