ロータリークラブとは

1905年にシカゴで創設されたロータリーでは、110年以上、さまざまな職業をもつ人や市民のリーダーが「世界を変える行動人」となり、その経験と知識を生かして社会奉仕活動や人道的活動に取り組んできました。識字率向上、平和構築、水と衛生の改善など、幅広い分野で持続可能な影響をもたらすために、ロータリーの会員は毎日、世界のどこかで活動しています。

ロータリーの活動

切迫した問題が山積みとなっているこの世界で、私たちは単なる傍観者ではなく、自ら行動する責任があると考えています。ロータリーは以下の分野に重点を置いて活動しています。
・平和の推進
・疾病との闘い
・水と衛生
・母子の健康
・教育の支援
・地元経済の成長

ロータリーはここが違う

地元密着の活動:人と人とのネットワークを生かして、地域の真のニーズを見極め、課題に取り組んでいます。

多角的なアプローチ:さまざまな職業やスキルをもつ人たちがアイデアを寄せあい、世界や地域がかかえる問題に対する独自の解決策を見出します。

倫理を大切に:責任をもって粘り強く活動し、その場限りではなく、持続可能な成果をもたらすことを目指しています。

ローカルとグローバルで変化をもたらす:ロータリークラブは世界のほぼすべての地域に存在し、それぞれが独自の活動を行っています。

ロータリーの目的

ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。

第1 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。

第2 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。

第3 ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。

第4 奉仕の理念で結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること(RI定款第4条、標準ロータリークラブ定款第5条)。

四つのテスト

言行はこれに照らしてから
  Of the things we think, say or do

1)真実かどうか
  Is it the TRUTH?
2)みんなに公平か
  Is it FAIR to all concerned?
3)好意と友情を深めるか
  Will it build GOODWILL and BETTER FRIENDSHIPS?
4)みんなのためになるかどうか
  Will it be BENEFICIAL to all concerned?

国際ロータリーの使命

国際ロータリーの使命は、他者に奉仕し、高潔性を推進し、事業と専門職務および地域社会のリーダーの間の親睦を通じて世界理解、親善、平和を推進することです。

ロータリー財団の使命

ロータリー財団の使命は、ロータリアンが、健康状態を改善し、教育への支援を高め、貧困を 救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすることでです。

中核的価値観

2007年、ロータリーは戦略計画の一環として、以下の5つの価値観がロータリアンの基本的特 徴であるとの理解の下、これらの中核的価値観を採択した。以来、これらの中核的価値観は理 事会によって再び確認され、世界中のロータリアンによって強く支持されている(ロータリー 章典26.010.2)。国際ロータリーの中核的価値観は以下の通りでです。
 ・親睦(Fellowship) ・高潔性(Integrity) ・ 多様性(Diversity)
 ・奉仕(Service)・リーダーシップ(Leadership)

詳しくは「国際ロータリー日本語公式サイト」をご覧ください >>

ページTOP